SponsoredLink

アクアリウムグッツ

最近、はやりのアクアリウム。水槽と水草・砂など。そして、そこに住む生物がいれば完成かな?なんて思っていたのですが、違うのですね〜。アクアリウムに使うものを、調べてみると、その数にビックリします。
当たり前ですが忘れていました〜的なものも多く、エアーポンプなんかも必要ですよね。生きていくために、忘れてならないものでした。

面白いものも多かったので、少し紹介ですが。
熱帯魚などをすくう網やザル、コケや浮遊物をすくうもの。こういった小さいものから、バケツやら水槽の掃除用具やらと幅広いです。
水槽の下に敷く砂なども種類が豊富にあり、水草との相性などから選択したり、水草を根付かせるために、流木をつかったりとアイデアがいろいろあります。

そしてアクアリウムの最大のポイントは、綺麗に見せることにあるので(それが楽しみにつながるわけですから)照明器具なども、いろいろあるんです。日中楽しむアクアリウムに対して、夜に楽しめるアクアリウムもあるわけです。夜に光る水槽は幻想的で、美しいものになります。
そこにエアーカーテンなるポンプを入れて楽しんだり、水の揺らぎに安心感を覚え、癒しになったりします。エアーカーテンは人気の商品みたいですね。

驚いたのは不在時にも助かる、自動で餌を出す機械があるということ。これにはビックリしました。以前、ペット用があると聞いたことはあったのですが(時間になると、ドックフードなどが自動で出る)アクアリウムの世界でも、自動でえさを出す機械があるとは驚きでした。生き物ですので当然なのですが。そこまでアクアリウム人気が高いということは間違いないようですね。

他には水を綺麗に循環してくれる装置など、機械類も多くてビックリです。これは、時間もそうですが、お金もかかるなぁと素直に思いました。今は、アクアリウムに集中してしまい、寝ても冷めてもという人が増えているようです。アクアリウム症候群なんて呼ばれたりして。
なんでも、ほどほどがいいのかもしれません。癒しが拘束に変わってしまっては大変ですから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5066905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック