SponsoredLink

アクアリウム:レイアウト

手軽に楽しめそうかな〜なんて思い、アクアリウムにドップリはまってしまった方も多いのではないでしょうか?そういう方が多いのか、今はアクアリウムが大人気で、アクアリウムを取り扱うお店は、大盛況のようですね。
アクアリウムの良いところは、自作できるところです。自分の想像力と、アクアリウムのアレコレのアイテムが合致して、1つの癒し空間になります。
海や川で水がゆらゆら揺れるのを見ているだけでも、癒されるなぁと思うこともあります。それが自宅で自分の描いた世界が出来るわけです。

水槽の中をオリジナルのレイアウトで楽しんだり、いろいろな水草に詳しくなったり。水草といっても、とても綺麗で「お花」のように見えるものもあります。成長が早いものもあれば、あまり変化しないもの。魚たちが好むもの。いろいろです。

アクアリウムの世界はうまくできていて、水草などが出す酸素で魚たちの生物が生活します。そして、その生物たちが出した二酸化炭素で、水草たちが光合成を行います。いろんな意味で助け合いの世界が出来ているわけです。とても単純なことですが、そういったことは忘れがちなので神秘的にうつりますね。
水草と水が作る「コケ」なんかも、その世界で住む生物たちには、必要な存在となるんです。なんか理科の実験のようですが、本当に上手くできていると感心します。

水草の中にも丈夫なもの、華奢なもの。タイプはさまざまです。その中で暮らす生物も同じです。いろいろなタイプが共存しているのですね。なんだか人間社会のミニチュアのようで、不思議な感覚になります。人間社会と違う点は、見ているだけで癒しになるところでしょうか。
鮮やかなグリーンは、心を落ち着かせてくれます。水に揺れる水草も落ち着きますよね。アクアリウムの世界に足を踏み入れてみると面白いかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5066756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック